飯田クラフトフェア

2019年。西暦を使い慣れてるせいか、様々な書類に「令和元年」と書かれているのを見ると、なんだかわざとらしい・・ような。いや、でも政府も新元号を浸透させるべく、色々なところに使うようにしてるはず。そして、新元号だからいつもは西暦使うけど、和暦使おうかなと思う人も多いはず。クラフトの書類も和暦が目立ちます。

今週は工房での仕事は進んだものの、パソコンを使った仕事が進まない進まない。バランスが大事。

そんな中今週末は飯田クラフトフェアへ行ってきます。

山梨県産の鹿革、ディアスキンのニューカラー、パステルカラー2色。どんな反応を頂けるでしょうか。
写真のリボンは限定3個。

WEB SHOP では
革鞄 DIANA の新色取り扱っています。

---------------------------------------------------------------------------------

山梨県笛吹市にある革工房

つくり手はイタリア人

WEBショップ:Bottega Glicine EC SHOP

@bottegaglicine
Share this Post: